エステに行きたいけどなかなか時間がない。お金がない。余裕がない。

そんなあなたに送ります!

関西人気エステサロン「エステティックMs.Pearl(ミスパール)」の現役エステティシャンが教える・・・

自宅で出来る【おうち痩身講座】

今回は、ダイエットを成功に導く鍵を握っている「毎日の食事」についてお教えいたします!

毎日の食事がダイエット成功の鍵を握っているとわかっていて、食べる物には人一倍気をつけているのに、どうしても痩せない! 

実はダイエットになると思っているその食事が、真逆の場合もあるって知っていましたか? 

ダイエット時に摂るべき食材、食事のタイミングなど、太らない食生活にはいくつかルールがあるんです。

そんな痩せるためのダイエット法をまとめてみました。

なぜ「太る」?原因と間違い習慣をおさらい

単純に、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回れば、消費されなかったカロリーが脂肪として蓄積されていくのは周知の事実ですよね。

でも「食べる物を注意しているのに痩せない」と思っている人も少なくないのではないでしょうか?

そんな「痩せられない女子」には下記の4つの特徴が……

①いつでも痩せられると思っている

②ずっと食べ物の話をしている

③“生理前だから”を言い訳にしている

④自宅でも外出先でも省エネしがち

どれも身に覚えがあるという方はもちろんですが、ひとつでも当てはまった人は要注意ですよ!

ただし、どんなに人気のダイエット法も、自分の体質やライフスタイルに合うもの・合わないものがあります。

100人いたら100通りのダイエットがあると思っておいたほうがいいのかもしれません。

痩せやすいベストな食事タイミングを知る!

一度に摂るカロリーは少なくても、常に口の中に食べ物がある状態(ダラダラ食べ)をしていませんか?

あるいは、毎食の時間がバラバラで、時には夜遅くに食事をすることがあるという方はいないでしょうか?

「何を食べたら痩せるか、太るか」とあわせて、食事の時間も重要なポイントになります。

特に「夕食」は、就寝中に消費できなかったカロリーがそのまま脂肪として蓄積されやすくなります。

そのため、一日のうちで夜の食事量を控えめにする人も多いはず。

でも実は、無理なく上手に痩せるには、摂取カロリーを抑えるだけではなく“夕食の時間”も重要です。

夕食の時間を設定する際、前日の夕食~朝食までの時間が空くほどいいとされています。夕食の時間が遅いと体内時計が乱れるという実験結果もあります。

夕食は、遅くても朝食から14時間以内に終えるよう習慣づけを。たとえば、朝7時に朝食を摂ったら、夕食は12時間後の19時が理想です。

「何が原因で太ったか」という自己分析を

「自分の何が原因で太ってしまったのか」という分析も大切です。

それはつまり、間違っているかもしれないダイエット習慣から脱する絶好の機会なのです!

まずは1週間、一日の食事メニューをメモしてみましょう。

食事に原因が見当たらないという人は、もしかしたら「睡眠不足」が原因になっている場合も考えられます。

睡眠不足はストレスを招き、それにより食事量が増えて運動量が減る。

結果、太りやすくなる……と科学的にも実証済みです。理想は7時間ですが、最低でも6時間は睡眠をとるようにしましょう。

ちなみに、これを読んでいる痩せたいアラサー女子のみなさん。

ストレスや運動不足の影響で、大人の体は“脂肪をためこみやすく”なっています。

「痩せたいから」と食事を抜けば体重は一時的に落ちますが、食べ始めるとすぐに元通り。

そればかりか、食べないことで体が飢餓状態になり、さらに脂肪をためこみやすくなります。

アラサーになったら「食べなくても痩せない」という心得もお忘れなく!

若い女子の皆様も、私は大丈夫と思わずに、今のうちから正しい食事ルールを実践していきましょう!

ダイエットにいい“太りにくい食べ方”を覚えよう

生きていくために食べることは必要不可欠です。

食べないわけにはいきませんので、上手な食べ方を覚えておくことがダイエットの近道ですよ。

痩せたいなら21時以降はなるべく食べないようにしたほうがいいのですが、21時以降に食べても太らないルールがあります。

覚えておいて損はないですよ!

21時以降に食べても太らない6つのルール
・冷たい食事ではなく、火を通した温かい物を
・海藻や貝類が入った食事で新陳代謝アップを促す
・夜型タイプほど、たんぱく質を積極的に摂取
・ヨーグルトはドライフルーツを足し、温かい飲み物と
・揚げ物なら、カキフライかエビフライを
・ガッツリ系なら、エビチリかロールキャベツがおすすめ

食事が遅くなるのが事前に分かっていれば、小腹の空く18時ぐらいに、炭水化物だけを前倒しして食べておくと、寝るまでにきちんと消化されます。

とはいえ、どんな炭水化物でもいいわけではありません。

シンプルな具材のおにぎりや納豆巻き、野菜たっぷりのサンドイッチを選ぶようにして、菓子パンは絶対に避けることを徹底してください!

ダイエットに向いてない食材・食品に注意!

なんでもバランスよく食べるのが健康にとって大切なことですが、ダイエットのために食事を見直す時、注意したいのが「ダイエット向きの食材・食品」かどうかを注意して下さい。

実は、ダイエット食として親しまれてきた食べ物がNGだったり、意外な食べ物がOKだったり……ということがあるんです。

ダイエットに良い食品、悪い食品
エビ、ささ身、赤身の魚、卵、オリーブオイル、ごま油、ほうれん草、えのき、大豆、ワカメ

空豆、いも類、ごぼう、れんこん

×マーガリン(マーガリンは脂質ゼロでも飽和脂肪酸が高く、脂肪になりやすい)、ソーセージ、はんぺん(加工食品は脂質が高いので注意)、春雨(糖質が多く含まれているため)

カロリーが低いからと選びがちな「春雨」ですが、実は、糖質が高い食品です。

こうしてみると、痩せるための食事を考えたら、できるだけ加工品は使わずに、ダイエット向きの生の食材を使って自分で料理をするのがいちばんのダイエットメニューとも言えます。

我慢は禁物!ダイエットに最適な「おやつ」

ダイエット中の最大のストレスは、食べたい物を我慢することです。

食べることが好きな人ではれば抑えていた食欲が反動となり、リバウンド……なんてことに。

そのため、ダイエット中でも適度にかつ、ダイエットに最適なおやつを食べることは、決して間違いではありません。

だからといって、自分の好きなお菓子を食べたのでは意味がないです!

ダイエット中でも罪悪感なしに食べられるおやつは、アーモンドやドライフルーツといった自然の食材だけでなく、ポップコーンやチョコレートもOK

チョコレートは、ダイエット中の女性に不足しがちなミネラル、リラックス効果&代謝アップのテオブロミン、食物繊維も含んでいます。

ただし、カカオ70%以上のビターチョコで、1日30~40グラム程度を目安に。

毎日の食事と合わせて上手に取り入れていきましょう。

要注意!太りにくいお酒の飲み方とは?

ダイエット中だけど、「ダイエットをしている」というのを周囲に気づかれたくないのが乙女心。

そんな時に限って会社の飲み会……(涙)。

そういった仕事の都合でお酒の場に行かなくてはいけなかったり、またはダイエットを目指す人の中には無類のお酒好きだっているはず。

もしかしたら経験がある方もいるかもしれませんが、飲み会でカロリーが低めのお酒を選び、おつまみもシメのごはんも控えたのに、翌朝「体重が増えてる!」なんてこと、ありませんか?

それって、飲んだアルコールに原因があるのかも。

実は、カシスウーロン(26kcal)より、ウーロン茶割り(108kcal)のほうが高カロリー! 

良かれと思ったことが裏目に……。

他にも、生ビール中ジョッキ(136kcal)、シャンパン(248kcal)、赤ワイン(110kcal)、ハイボール(73kcal)、生グレープフルーツサワー(62kcal)とありますが、カロリーだけでなく“糖質”が高いアルコールもあるので、お酒の意外な落とし穴にはご注意を。

大阪のエステサロン【エステティックサロンMs.Pearl(ミスパール)】では、貴女に理想の体を手に入れて頂きために全身全霊を込めてサポートさせて頂きます。

「気づいたら体重が増えた」といった時でも、Ms.Pearl(ミスパール)では、施術だけではなく、食事のアドバイスや太ってしまう体の仕組みについてもお伝えしています。

もちろん、エステの施術で脂肪を温め溶かし痩せやすい状態をつくる。健康的なダイエットできれいになって頂くためにMs.Pearl(ミスパール)は貴女と一緒に日々成長いたします。

無料カウンセリングも行なっていますので、もし気になることがあれば些細なことでもお気軽にご連絡下さい。

痩身のことなら大阪のエステサロン【Ms.Pearl(ミスパール)】へ。
理想の体への近道をお教えします。